読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディスコミライフ

日記や感想を書きます

2016年冬アニメ感想

アニメ

せっかくのブログだからね、アニメ感想も書こう。1月~3月まで見たアニメの感想です。あくまでもこの期間に見たアニメが対象なので2015年の作品も含まれます。

 

ヤングブラックジャック

よく原作のすごい耽美で色気ムンムンで唇プルプルなブラックジャック先生の画像が回ってくるので、若い頃のブラックジャック先生がアハンウフン♡してる作品なんだと思っていたらびっくりするほど政治色が強くて(いい意味で)おったまげました。

第1話のエンドカードがすげぇかっこ良かったです。

 

Dance with devils

エレガの音楽はさすがですね。

元の日常に戻れてハッピーエンド♡だが親友のアズナは死んだ。

 

ワールドトリガー(1年目)

空白期間を作りつつ、1年半くらいかけてようやく1年目のお話を完走。毎週しつこいくらいに流れる「これまでのワールドトリガー」とかワイドショーみたいな字幕とか、とにかく子どもでも分かるようにしようという工夫に拍手。おかげでバカなわたしも見ることができました。

新シリーズは監督が変わったので見てないです。

 

プリンセスプリキュア

わたしはこれを見て育つ女児になりかたかったです。本当に良かった。1年アニメだからこそできる成長の積み重ねが見事でした。

最終回は心が洗われるかのように泣いた。そのあとまとめブログで色んな人の感想や実況を読んで泣いた。

 

アイカツ!

全国ツアー篇は最低でも半年はやるだろうと思っていたら1クールで終わってしまい「何でやねん!」という気持ち。瀬名翼がいちいち面白かったです。

 

プリパラ(2期)

努力vs天才の対立は何の才能もない錆びた大人が見るには精神的につらくてだんだん見る気力がなくなっていった…。天才はすぐに何でもできるけど、凡才(努力チーム)だって時間はかかるけど天才と同じことだってできるって感じでやるのかなと思ったら特にそういうメッセージ性もなくみれぃがゴールドエアリー(しかもソロ曲で)やって終わり、しかもそふぃとシオンが「……」だったりとかもうちょっとこう…なんとかならなかったんですかね。

ひびきの過去が完全に昼ドラじゃないですかー!やだー!とはいえ目的が判明して「そういうことだったのかー!」と思わず唸ってしまう伏線の貼り方には感心しました。(RTで回ってきた考察の鋭さが半端なかったです。)

ただ、ふわりが本物のマーガレットの良さをファルルに語ったところは「こいつ…とんでもねぇ畜生だな?!」と思いました。なんか…純情ぶって笑顔で他人を蹴落とすように見えてもぅ無理…わたしの一番嫌いなタイプの女や…。

ガラスの靴を脱ぎ捨てて、いっぱいに駆け回るシーンが大好きだったので(当時デレマスのアニメと並行して見ていたので真逆の演出が面白かったのです。)、どうしてこうなった感が否めません。

持って行きたい方向は分かるんだけどなんか強引で雑で、残念だった…。

 

ここたま

ここたま達がバカすぎてこころちゃんがかわいそうになる超不条理アニメ。

誰もが「こころちゃん怒れよ!叱れよ!」って一度は思うはずなんですがこころちゃんは決して怒らないしここたま達の行為を否定することもない。ストレス溜まって仕方がないはずだけどここたまとの契約は他人にはひみつのために愚痴れる相手もいない。かわいそうだよこころちゃん。

これ多分こころちゃんが母親でここたまは幼児で、こころちゃんがここたまに対して怒らないのも行為を否定しないのも今の親たちの躾なんだろうなぁと思うと世の中の母親(ママ)って大変だなと思いますね。

 

魔法つかいプリキュア

魔法の世界にいる間「現実世界どうなってるの!?」ということが気になって仕方がなかったです。(で結局どういう扱いだったのか分かってない)

独特の間延びした話の展開がマジンボーンを思い出しますね。構成g

 

ブレイブビーツ

朝アニメとは思えない煽り構図とか朝から刺激が強すぎる主人公のママとか変身すると大人の身体になっちゃう小学生とか、ぶっ飛ばしてましたね。AAAとイマイチ区別のつかないlolのOPはもう少しなんとかならなかったんでしょうか。

体育万年2みたいな運動音痴のわたしは「自分が小学生の時にダンス必修じゃなくて良かった」と安堵しています。

まさかの3月最終回、ちょっと寂しい…。

 

バトルスピリッツ烈火魂

2回戦から個人戦!チームとは何だったのか!大会篇の捨てキャラが多すぎるから2クール目あたりのgdgd関東篇あたりで顔出ししとけば良かったのに。ストーリーはスッカスカでひたすらキャラで魅せてくるタイプのアニメなので前作までのバトスピアニメが好きだった人には合わなかっただろうなって思います。

信長の目的が判明したあたりからこの世界の日本どうなってるの?みたいなガバガバ世界観に対する疑問が噴出してしまったのが残念だったな。あと戦国時代っぽさがあんまり伝わってこないところとか。とはいえホビーアニメとしての面白さは詰まっているのでそこは高評価です。

 

バディファイト100

飛ばし飛ばしの視聴になってしまったんだけど、なんかこう…魅力的なキャラクターが多い割りには平坦なアニメだったなぁ。バディポリスがブラックすぎてドン引きですし…。

個人的に、元原作者が同人やオタクの方ばかりチラチラして設定などをペラペラ話すのはちょっとどうかなと思いますね。ネット上で感想やいい反応をしてくれるのは圧倒的に大人が多いのは分かるんだけど本来のターゲット層のことを忘れてはいけないでしょう。

 

ヴァンガードG

こちらも飛ばし飛ばしの視聴。前作キャラがたくさん登場するってことで不安ありまくりだったんだけど主人公サイドを食わないように上手く調整してて、要するに安定して面白かったです。

痒いところに手が届くアニメは良作。

 

遊戯王ARC-V

なんかすげぇ本編も作画もgdgdしてた。映画は見に行きたいです。

 

アタックNo.1

鮎原こずえは東京から結核のナントカ治療で静岡へ引っ越してきた中学生☆不良女子と遊んでるけど東京から来たから静岡の勉強は楽勝で首席なの♡病弱設定だったはずだけどお医者様が「大丈夫」って言ってくれたからバレー部に入るわ。

(結核の転地療養で静岡にやって来るという設定です)

という勉強もスポーツもできる主人公・鮎原こずえのバレーボールライフを描いたあのアニメ。こずえの設定が盛りすぎて完璧超人と化していますが、60年代の女子はこういう子を求めていたのかと思うと興味深いですね。

世界大会篇で日本が負けたらお国が終わったかのように泣く日本人たちの図に戦後を感じ、こずえが高校進学か就職で揺れる姿に時代を感じよう。

 

新・エースをねらえ!

岡ひろみ尊い(以上)

多分アニメ名場面とかで登場するのはこっちかな。旧エースの後に新エースが始まったので比較ができて楽しかったです。新の方は少女漫画らしく恋愛描写が多め。

wikiで宗形コーチが死ぬのは知ってはいたんですが最終回で死んで終わりとは思わなんだ…。

 

さてDlifeスポ根アワー、大変楽しいひと時なのですが4月15日の放送はアタックNo.1ではこずえといい感じな努くんが崖から落ちて意識不明に、新・エースをねらえ!では宗形コーチが亡くなるというなかなか濃い1時間でした。努くんがこの回で亡くなってたら修羅場アワーだった。ちょっと惜しい。

 

蒼の彼方のフォーリズム

原作は未プレイなんですがグラフィックが非常に好きなのでアニメは楽しみにしてました。キービジュアルがちょっと微妙だなぁと思っていましたが、ストーリーが尻上がりで面白くなっていくので毎週楽しみにしてましたね。第4話の真白ちゃんが頑張るお話がお気に入りです。

途中で見逃して以降視聴を止めちゃったので続きを見たい…。

 

DRRR2結

FLOWのOPのために見てました。めっちゃかっこ良い。

 

ギャル子ちゃん

夫婦で見てたら「ナプキン派?タンポン派?」とか言い出すから非常に気まずかったです。とりあえず「分かる~www」と言ってお茶を濁した人の気持ちも考えて下さい。

 

最近災害のことで月経(生理)に無知な男性たちが取り沙汰されているけどやっぱりアニメとかで出てくると戸惑ってしまいますね。

 

石膏ボーイズ

ギャル子ちゃん目当てでUSATを録画したのでついでに見たら神アニメすぎた。

 

この男子、魔法がお仕事です。

えっ、これBLなの。

 

ファンタシースターオンライン2

控えめに言って今期のダークホース

EDが最高アンド最高。ワイプのSOROの動きで中身が女性って見抜いた人たちすごい。ちゃんと確認したらジャンプしてるところとか女性でした。

 

鉄血のオルフェンズ

ビルドファイターズですら脱落したわたしが見ているだけで奇跡。

後半から失速気味だった気がするけど2期も視聴予定です。

 

無彩限の……

うわー乳が揺れてる~

 

このすば

主人公が好きになれないなぁと思って1話で切ったら2期が決定して自分の作品チョイスのセンスのなさが際立った。

 

ラクエンロジック

冒頭のショートアニメの声優陣棒すぎない?

 

とりあえず見たものの羅列でした。春はキッズアニメ徳盛りなので深夜アニメの本数が更に減る見込みです。これだけは見ろっていうのがあったらTwitterで教えて下さい。